スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【30分SS】お題「武道館」 #imas30SS

 武道館、それは歌をうたう者全ての憧れである。そんな武道館を目指すアイドルが、ここにもいた。
「きゃっぴぴぴぴ~ん♪」
「いや、真…それは違うんじゃないかな…」
 そう、菊地真と天海春香だ。彼女らは歌って踊る、まさにアイドルなのである。
「んー、じゃあこう、キュンキュン♪的なのがいいのかな」
「いやだからその路線から離れようよ」
「えーだって男性ファン増やしたいじゃん」
「真、順調に男性ファンは増えてる。だから、これ以上その路線を突き進むな」
「えー……ボクじゃなくて春香のファンなんじゃないですか?」
「うーん、私は真にも男性ファンついてきてると思うけど」
 春香が言ったからなのか、真は変に女の子振るのをやめた。
「さーて、来週のオーデで合格すれば、おそらく売上も一気に伸びて武道館ライブは近いものになるだろう」
「「ですね!」」
「というわけで、もっと熱くなって本気で練習しろよえぇ!!」
 ジト目で見られている。だが気にしない。
「よしじゃあ、早速……」

 2週間が過ぎ、オーディション当日だ。3人して緊張している。
「じ、じゃあ行ってきます……!」
 真のダンス、春香の歌がステージで映える。他のユニットは霞んで見えていた。

「いよいよ合格発表ですね…」
「だな。緊張するぜぇ」
「うぅ~、合格してるでしょうか」
 固唾を飲む。ダンス審査員が来た。
「今回の合格ユニットは…春菊のおいしい季節だぜヒャッハー!」
「「「ぃやったああああああ!」」」
 抱きしめあう。喜びを分かち合ってから、真達はテレビに出演した。

 その後、売上は順調に伸び、引退ライブを武道館で行えるような人気になっていた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
換気扇
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。