FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【30分SS】お題「爆弾」 

 タタンタタン…と列車は軽快に走っていた。
「真ちゃんお茶呑む?」
「うん」
 ボクは、雪歩・貴音と3人で旅に出ていた。上野駅から寝台列車に乗って、目指すは青森だ。
「それにしても、夜行列車というのは随分と天井が高いのですね」
「多分、そうじゃないとベッドが作れなかったんじゃないでしょうか?」
「多分そうなんじゃないかな。普通の高さだと頭打っちゃいそうだし」
 そんな他愛もない話をしていると、列車は高崎駅に着いた。ホームには人が殆ど居ない。
「もうすぐ新潟県かぁ…あっという間に着いちゃいそうだね」
「うん。あ、そろそろ発車かな」
「ここからは…厳しい山越えですね…」
 ガクンという揺れと共に列車は動き出した。そして、しばらく経った頃…車内放送が入った。
「ご案内いたします。先ほど、指令所に列車に爆弾を仕掛けたとの電話が入りました。そのためこの列車、この後爆弾が発見、回収されるまで運転を見合わせさせて頂きます」
「「「爆弾…!?」」」
 起きていたのはボク達だけだったようだ。車内は静まり返っている。
「えっと…雪の中だ」
「貴音さん、駅名票読めますか?」
「ええ…み…みなかみ。水上ですね」
「これから山越えだって言う時に…くっそー!」
 真たちはいつになったら青森に着くのか。それは、この次のお話。



※縛りは登場アイドル3人以上
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
換気扇
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。