スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【30分SS】お題「都道府県」~美味しい国、ニッポン~ #imas30SS

「うーん…やっぱ千葉だなぁ」
「真ちゃん、どうしたの?」
「あ、雪歩…」
 お茶を運んでいた雪歩が真がパソコンを見て考えているのに気づき、声をかけていた。
「プロデューサーにさ、魚も醤油も美味しい県を探しだしてこいって言われてさ。ボクは千葉県だと思うんだけど…」
「うーん…お茶だったら詳しいんだけどなぁ。あ、そうだ」
「知ってる県があるの!?」
「じゃないんだけど、知ってそうな人なら…」
 そういって、雪歩は携帯電話で誰かに電話し始めた。
「うん、うん。じゃあ、帰りに事務所で。じゃあね」
「誰に電話?」
「今日の帰りにはわかるよ♪」
 そう言って、お茶を小鳥さんのデスクに持っていった。

 帰りの時刻。
「じゃ、お疲れさん。真、その課題は明日の朝までな」
「あ、はい。じゃ、お疲れ様です」
 プロデューサーは約束があるのか、そそくさと帰ってしまった。それから少しして
「さぁ皆のスーパーアイドル、水瀬伊織ちゃんの帰還よ!」
「げぇ!?伊織!」
「何よ。って、それよりも、アンタ醤油と魚の美味しい県を探してるんですって?」
「うん。プロデューサーに出された課題でさ…」
「随分簡単な課題じゃない。答えは千葉県よ。特に、醤油であればヤマサかヒゲタね」
 伊織がパッパと答えてくれる。
「美味しい魚は…そうね、秋口の秋刀魚とか銚子漁港で揚がる美味しい魚の一つよ」
「そうなんだ。まだまだ勉強が足りないなぁボクも…」
「これは勉強なんかじゃ得られない知識よ。実際に食べて、味わって、それで初めて分かる事なの」
「つまり…ボクはもっと色々なところに行かなきゃいけないってこと?」
「ま、そういう事ね♪あ、でも……」
 伊織が少し考える。
「よく考えたら、これって答えがないのかもしれないわね」
「え?」
「だってほら、人によって味の感じ方は違うし、土地によって食べ方も様々でしょ?どこが美味しいかなんて決められないわ」
 伊織はそう言って、給湯室の冷蔵庫にオレンジジュースを取りに行ってしまった。そして、真は考えに考え翌日…

「プロデューサー、答えが見つかりました」
「ほう?言ってみろ」
「答えは…解なしです。全ての都道府県で違う食べ方があって、それぞれに適した味がある。だから、解はありません」
「真…正解だ!!よくその答えにたどり着いたな…俺は嬉しいぞ…!」
 そして、この日真は銚子へ旅の取材に。美味しい海の幸を堪能するのであった。
スポンサーサイト

【30分SS】温泉旅行 #imas30SS

 僕の名前は秋月涼。イケメンになりたい高校1年生だ。だけど今は…
「涼さーん!一緒に温泉入りましょうよー!」
「ぎゃおおおおおおおおおおおおん!」
「逃がしは、しない?」
 僕は何故か社長の方針で女の子としてアイドル活動をしている。女装が似合いすぎて誰からも男だとは思ってもらえていないのだった。
「ふ、ふたりとも…あ、私ちょっとお腹痛いから」
「ウソは、よくない」
「そうですよ!もしかして涼さん、私達が嫌いなんですか?」
「そ、そういうわけじゃないよ!」
 逃げ道がどんどん塞がれていく。正直に言うと、二人と温泉に入ったらいろんなモノがプッツンしてしまいそうで怖いのだ。
「どうしたの?」
「あ、まなみさん」
「聞いてくださいよー涼さんが私達と一緒に温泉に入らないっていうんです!」
「んー、そういう人もいるんじゃないかな?一人で入ったほうが落ち着くっていう人もいるし」
「そ、そうだよ!だから、ね?」
 納得したのか、愛ちゃんは引き下がって絵理ちゃんと温泉に向かった。
「ありがとうございますぅ…」
「男の娘も大変ね~」
「ホントですよ…」
 でも、僕の女の子デビューに賛成したのまなみさんですよね!?と言おうとしたが、なんか嫌な予感がしたのでやめておいた。
「ふーん」
「お、尾崎さん?」
 何を思ったのか、尾崎さんは僕のスカートをいきなりめくってきた。
「ぎゃおおおおおおおおん!?」
「…生えてるわね」
「だって涼くんが本当の呼び方ですから」
「つまり…さっきの話は本当だったと」
「聞いてたんですか…」
 尾崎さんの目が何よりも冷たくなるのがわかった。
「他に知ってるのって社長だけよね?」
「そうですけど」
「いい。絶対に絵理達にバラさないこと。男だとバレたら事務所にいられなくなるわよ」
「で、ですよねー…」
 こうして夜は更けていった。僕が男だと世に伝わるのは、これから一ヶ月後のことである。

お題「男の娘」
縛り「登場アイドル3人以上」

【30分SS】お題「生っすか!?サンデー」 #imas30SS

「続いてのコーナーはこちらっ!」
 春香のコールに合わせてモニターに次のコーナーのタイトルが映し出される。コーナー名は…春香のSWEETS求めて三千里。
「春香の担当コーナーなの!」
「はい!というわけで、私が新しいスイーツを求めて都内に取材に行って来ました!というわけで、VTRをどうぞ!」
 春香の閣下ポーズにあわせて後ろのモニタにVTRが映し出された。渋谷のようだ。
『はいっ!というわけで、今日はここ渋谷から行きたいと思います!』
 そういえば、春香は渋谷周辺はよく散歩してるんだったな。慣れた足取りで…コケた。いつもの春香だ。

『今日ご紹介するのはコチラのお店!』
 いかにも若者向けの店だ。ただ、気になるのは…店名の右下に「らぁめん二十郎協力」という文字があることだ。
『ということで、コチラのスイーツをスタジオに持ち帰りたいと思います!』
 VTRが終わり、スタジオには春香の紹介したスイーツが運ばれてきた。
「これがさっきVTRで出てきた商品『二十郎ケーキ ニンニクヤサイアブラマシ仕様』です!」
「な、なんかニンニクの臭いがきついの…」
「春香…、これ本当に美味しいの?」
「お、美味しいよ?」
 のヮのといういつもの顔での返答だ。なかなか信用しがたいが、ここはレポーターを信じるしかない。
「で、ではいただきましょう」
「いただきますなの!」
 春香、美希、千早の3人が一口、口に含んだ。飲み込んで、美希が感想を述べ始めた。
「にんにくの臭いがちょっときついけど、意外と美味しいの」
「美味しいわね。アブラマシでもあるってことだからちょっとしつこいのかとか思ってたのだけれど」
「でしょ?らぁめん二十郎さんがうまく調合してくれたらしいよ」
 やはり、春香の目に狂いは無かったようだ。この後、すぐに貴音のコーナーで再び二十郎が出てきたのは気にしてはならないのだろう。

 こうして、今日も無事に生っすか!?サンデーは進行していくのだった。

縛り「現在の担当アイドルを使用しない」

【30分SS】お題「武道館」 #imas30SS

 武道館、それは歌をうたう者全ての憧れである。そんな武道館を目指すアイドルが、ここにもいた。
「きゃっぴぴぴぴ~ん♪」
「いや、真…それは違うんじゃないかな…」
 そう、菊地真と天海春香だ。彼女らは歌って踊る、まさにアイドルなのである。
「んー、じゃあこう、キュンキュン♪的なのがいいのかな」
「いやだからその路線から離れようよ」
「えーだって男性ファン増やしたいじゃん」
「真、順調に男性ファンは増えてる。だから、これ以上その路線を突き進むな」
「えー……ボクじゃなくて春香のファンなんじゃないですか?」
「うーん、私は真にも男性ファンついてきてると思うけど」
 春香が言ったからなのか、真は変に女の子振るのをやめた。
「さーて、来週のオーデで合格すれば、おそらく売上も一気に伸びて武道館ライブは近いものになるだろう」
「「ですね!」」
「というわけで、もっと熱くなって本気で練習しろよえぇ!!」
 ジト目で見られている。だが気にしない。
「よしじゃあ、早速……」

 2週間が過ぎ、オーディション当日だ。3人して緊張している。
「じ、じゃあ行ってきます……!」
 真のダンス、春香の歌がステージで映える。他のユニットは霞んで見えていた。

「いよいよ合格発表ですね…」
「だな。緊張するぜぇ」
「うぅ~、合格してるでしょうか」
 固唾を飲む。ダンス審査員が来た。
「今回の合格ユニットは…春菊のおいしい季節だぜヒャッハー!」
「「「ぃやったああああああ!」」」
 抱きしめあう。喜びを分かち合ってから、真達はテレビに出演した。

 その後、売上は順調に伸び、引退ライブを武道館で行えるような人気になっていた。

【30分SS】お題「節分」タイトル「今年は北北西」 #imas30SS

 街中を歩く。子供たちが家に帰って行く姿が夕方なのを感じさせた。
「ふふっ、元気ですね」
「そうですね。そういえば、今日ってなんの日だか知ってます?」
「2月3日…あ、節分ですね」
 小鳥さんと世間話をしながら向かっているのはスーパーだ。
「節分かぁ…事務所で豆まきでもしますか?」
「それもいいですけど、皆で恵方巻きを食べるっていうのはどうですか?」
「あ、いいですね!」
 そんなことを話しつつ近所のスーパーにつく。恵方巻きを16本、節分豆3袋を買って事務所に戻る。

 765プロに戻ると既に千早率いるユニット「ブルーサンダー」は帰ってきていた。
「あ、おかえりなさい」
「ぷっろでゅーさー♪」
「まっことー♪」
 真が飛びついてきた。相変わらず可愛いのだが、今日は飛びっきりだ。
「全く…二人共、もう少し落ち着きなさい」
「「はーい」」
 貴音に注意されてしまったが、まぁいい。俺と小鳥さんはせっせと準備を始める。
「何をしてるんですか?」
「みんなで節分らしいことしようと思ってな」
「「「節分かぁ」」」
 3人とも忘れていたようだった。

 20分経って、全員帰ってきた。
「では、節分らしくまずは皆で恵方巻きを食べようではないか」
 社長の発言からみんな一斉に恵方巻きを口にする。ルールは事前に説明してあるので問題ない。はずだった。
「お、おおひいれふぅ」
「おふぉひぃ…」
 大きい物を口に入れて話しているので卑猥でしかなかった。

※時折PCから離れていたので中途半端にしか書けてないので後日書き直します()
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
換気扇
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。